【高松宮記念】美浦レポート~ナックビーナス(大野拓弥騎手)

     

 24日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念に出走を予定しているナックビーナス(牝6歳、美浦・杉浦宏昭厩舎)について大野拓弥騎手のコメントは以下の通り。

「JBCスプリントで初めて乗せてもらった時より状態は上がってきています。今は体が使えるようになり、元気もあり、すごくバランスよく走れるようになっています。本番はいい形で迎えられると思っています。

 この馬に関しては気持ちを重視して競馬をしたいと思っています。気持ちがそれてしまうというか、最後まで集中できないところがあるので、そのあたりをうまく持っていけたらと思っています。枠順が出ないうちはレースのイメージがわかないのですが、どこの枠でも気持ちがポイントだと思っています。

 ここ2戦ともモズスーパーフレアに負けていますが、感触として逆転できるかなと思っています。力を出し切れば逆転はおおいにあります。レースは流れると思うので、行けたら行ってもいいと思いますし、臨機応変に対応したいです。馬は充実していて、いい競馬ができると思います。」

(取材:小林雅巳)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース