【高松宮記念】美浦レポート~デアレガーロ(池添謙一騎手)

     

 24日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念に出走を予定しているデアレガーロ(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)について池添謙一騎手のコメントは以下の通り。

「今朝の追い切りに乗りました。強い調教はしなくていいと言われて、併せた馬に合わせて、相手が動く馬だったのですが、それについて行って、動き自体もこの馬なりにいい動きをしてくれました。最後もしっかり反応してくれて、折り合いもついていい形できていると思います。

 前走については、去年の時と違って折り合いもついてコントロールもきいていました。しっかりと折り合えればいい脚を使ってくれる馬です。1200メートルでも函館で勝っていますし、GIのペースなら折り合いもつくと思います。折り合いさえつけば、確実にいい末脚を使ってくれるので、それをうまく生かせたらいいと思います。

 中京コースは初めてです。左回りでも大丈夫だと思っています。GIですから簡単ではないとは思っていますが、まずはゲートを出て、レースは流れると思うので、先行馬の後ろにつけて行ければいいと思います。当日の馬場の状態を確認して、直線はどこを走らせるか考えたいと思います。」

(取材:小林雅巳)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース