【高松宮記念】栗東レポート~レッツゴードンキ(岩田騎手)

     

3月24日(日)に中京競馬場で行われる第49回高松宮記念(GI)に登録しているレッツゴードンキ(牝7、栗東・梅田智之厩舎)について、鞍上の岩田康誠騎手のコメントは以下の通り。

(1週前追い切りに跨がって)
「去年より元気でしたし、先週の追い切りではすごい時計を出しました。それでも馬自体は息もそんなに乱れていませんでした。
 上積みというよりも、出来が本当に去年より、気持ちの面ですごく良いなというのは感じています。
 気持ちが強いのだなというのはあります」

(前走の阪急杯2着を振り返って)
「内枠で、あのような感じのレースをしようというのは頭に描いていた通りでした。しかし、1頭が大外からすごい脚で来てしまいました。ドンキ自体はよく走ったなとは思います。
 状態はグッと上向いていますし、前回以上のレースはできると思います」

(今回のレースに向けて)
「桜花賞以来GIを勝っていませんし、惜しいレースも続いています。ハナ差であったり微妙な負け方をしているので、乗り方次第ではそれ以上のレースができるかなとは思います。
 脚を溜めるという感じになると思います。それに合った乗り方ができればいいなと思います。
 内枠の方が理想的だなと思います。
 馬場もそんなに気にしませんでしたし、ロスなく直線にかけるレース・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース