【京成杯】(中山)~プロフェットが直線抜け出す

     

中山11Rの京成杯(3歳GIII・芝2000m)は5番人気プロフェット(S.フォーリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。1馬身1/4差の2着に7番人気ケルフロイデ、さらにクビ差の3着に2番人気メートルダールが入った。

プロフェットは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母ジュモー(母の父タニノギムレット)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 プロフェット(S.フォーリー騎手)
「勝てたことは嬉しいです。池江先生がいい馬に乗せてくれたことが大きいです。スローペースは予想通りで、いい位置につけたかったのですが、うまくいきました。非常に乗りやすい馬で、頭もいい馬です。皐月賞とは同じ舞台ですが、馬もまだ成長していくのでもっとよくなっていくと思います。チャンスはあると思います」

(池江泰寿調教師)
「年を重ねて、競馬が上手になってきています。状態が戻ってきたことが大きいです。次走は未定ですが、皐月賞の前に一回使うか直行になるか、相談をして決めたいと思います」

2着 ケルフロイデ(石橋脩騎手)
「ハナに行ってもいいかと思いましたが、それなりにいいスペースがあったので、そこに入りました。1コーナーではいい感じだと思いました。ペースも速くなく、前が楽をしていたので、3コーナーでは自分で動いていこうと思っていました。いい・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース