【AJCC】(中山)~ディサイファが直線抜け出してV

     

中山11Rのアメリカジョッキークラブカップ(4歳以上GII・芝2200m)は2番人気ディサイファ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒0(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気スーパームーン、さらにクビ差の3着に7番人気ショウナンバッハが入った。

ディサイファは美浦・小島太厩舎の7歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミズナ(母の父Dubai Millennium)。通算成績は33戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 ディサイファ(武豊騎手)
「スタートがよかったですし、ああいう位置で競馬をしようと思っていましたから、思い通りのレースができました。道中も、4コーナーを回るときも手応えがよかったので、早めに動いていこうと思い、早めに先頭に立ちました。久しぶりに乗りましたが、ずいぶん強くなったなと思いました。まだまだやれそうですし、楽しみですね」

(小島太調教師)
「内容がよかったですね。体はこの時期ですから少し太かったかもしれません。行きっぷりがよかったですし、勝負どころから自分で行きましたし、今日は強い勝ち方をするだろうなと思って見ていました。これは本物だと思いました。今後のことはオーナーと相談して決めます」

2着 スーパームーン(C.ルメール騎手)
「直線はゴールまでよくがんばっています。いい反応ができていて、距離もよかったです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース