【根岸S】(東京)~モーニンが直線抜け出して重賞V

     

東京11Rの根岸ステークス(4歳以上GIII・ダート1400m)は1番人気モーニン(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒0(稍重)。半馬身差の2着に6番人気タールタン、さらに1馬身3/4差の3着に10番人気グレープブランデーが入った。

モーニンは栗東・石坂正厩舎の4歳牡馬で、父Henny Hughes、母Giggly(母の父Distorted Humor)。通算成績は6戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 モーニン(戸崎圭太騎手)
「人気に応えることができてホッとしています。センスのある馬で、スタートだけ気をつけて乗りました。二の脚が速かったです。終始余力のある走りで、以前同じレースで乗ったときから強い馬というイメージがありました。雰囲気のあるいい馬です。これだけの馬に乗せてもらえて感謝しています。次につながる強い競馬ができたので楽しみです」

2着 タールタン(C.ルメール騎手)
「直線ではすごくがんばってくれました。今日はとてもいいパフォーマンスを見せてくれました。1400mのダートはちょうどいいです。重賞を勝てる馬だと思います。モーニンは強かったです」

3着 グレープブランデー(F.ヴェロン騎手)
「精神的に強い馬です。直線に入って、いいファイトを見せてくれました。この調子でGIでまた使えれば、いい結果につながると思います」

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース