【君子蘭賞】(阪神)~フェアリーポルカが直線半で先頭に立ち押し切る

     

阪神9Rの君子蘭賞(3歳500万下・牝馬・芝1800m)は2番人気フェアリーポルカ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒8(良)。半馬身差の2着に8番人気サムシングジャスト、さらに1馬身半差の3着に3番人気ビックピクチャーが入った。

フェアリーポルカは栗東・西村真幸厩舎の3歳牝馬で、父ルーラーシップ、母フェアリーダンス(母の父アグネスタキオン)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フェアリーポルカ(和田竜二騎手)
「早めに動いて行く展開でしたが、理想的な流れでレースができました。操縦性の高い馬でこれからが楽しみです。距離は延びても大丈夫そうです」

2着 サムシングジャスト(松山弘平騎手)
「道中は十分脚を溜める事ができて、最後は良い脚を使ってくれました。勝ち馬とは外を回った分の差だと思います」

3着 ビックピクチャー(福永祐一騎手)
「馬場を少し気にするところがありました。それでもよく頑張ってくれていると思います」

4着 ラフェリシテ(C.ルメール騎手)
「切れる脚がないので、コーナーが4つの競馬の方が良いタイプかもしれません」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース