【日経賞】メイショウテッコンが逃げ切り勝ち!重賞2勝目

     

 12頭立てで争われ、武豊騎手騎乗で3番人気だったメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎、父マンハッタンカフェ)が逃げ切り、重賞2勝目をマーク。天皇賞・春(4月28日、京都)の優先出走権を手にした。勝ち時計は2分34秒2。今月15日に50歳の誕生日を迎えていた武豊騎手は、50代になっての重賞初制覇となった。

 1番人気のエタリオウ(ミルコ・デムーロ騎手)が道中で位置取りを上げ、交わしにかかったが2着まで。これで2着は7回目となった。

 4番人気だったサクラアンプルール(横山典弘騎手)が3着に続いた。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000144-sph-horse
17

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ