【日経賞】(中山)~メイショウテッコンが鮮やかに逃げ切る

     

中山11Rの日経賞(4歳以上GII・芝2500m)は3番人気メイショウテッコン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分34秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に1番人気エタリオウ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気サクラアンプルールが入った。

メイショウテッコンは栗東・高橋義忠厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母エーシンベロシティ(母の父Lemon Drop Kid)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウテッコン(武豊騎手)
「元々ゲートの中で暴れる癖があったのですが、栗東でしっかり練習した効果が出ました。イレ込みもマシでしたし、枠もあの枠でスタートも五分に出てくれたので、その時点でハナに行きました。エタリオウと併せるような感じでペースを上げました。終始手応えは良かったです。馬は間違いなく良くなっています。(50歳初重賞勝利について)特別な意識はありませんが、チャンスだと思っていたので勝てて良かったです。明日も頑張りたいです」

(高橋義忠調教師)
「前走は成長途上ということもあり動き切れませんでしたが、前走を使って今回までの間にかなり良くなっていました。馬体面と精神面の成長がチグハグだったのが、だいぶ伴ってきました。(次走について)すぐには何とも言えませんが、天皇賞に行きたいです。距離はさらに長くても良いと思っているので、長距離は面白いと思い・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース