【春風S】(中山)~伏兵アシャカダイキが外から差し切る

     

中山10Rの春風ステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は10番人気アシャカダイキ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。半馬身差の2着に8番人気アスタースウィング、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気ビービーサレンダーが入った。

アシャカダイキは美浦・鈴木伸尋厩舎の5歳牝馬で、父スマートファルコン、母レツィーナ(母の父キャプテンスティーヴ)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アシャカダイキ(松岡正海騎手)
「揉まれると良くない印象だったので、そうならないように気をつけました。いつもより後ろからの競馬でした。ペースが速くなると思っていたので、展開もバッチリでしたし、乗り方も思った通りにいきました」

2着 アスタースウィング(勝浦正樹騎手)
「結果的に早めに動いてしまった感じです。走る馬です」

3着 ビービーサレンダー(武藤雅騎手)
「久々にスタートがあまり良くありませんでした。展開は向きましたが、勝った馬のポジションが欲しかったです。良い脚を使っています」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース