【羅生門S】(京都)~イシュトヴァーンがゴール前で差し切る

     

京都11Rの羅生門ステークス(4歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気イシュトヴァーン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒8(良)。クビ差の2着に4番人気レイダー、さらに1馬身半差の3着に7番人気クライシスが入った。

イシュトヴァーンは栗東・石坂正厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ドナウブルー(母の父ディープインパクト)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 イシュトヴァーン(浜中俊騎手)
「内枠でスタートがあまり良くなく、周りが行ったので、もまれる競馬になりました。これまでしたことのない競馬になりましたが対応してくれましたし、最後にかわしきったのは能力の証だと思います」

3着 クライシス(藤岡康太騎手)
「うまく内に入れられましたし、行きたがるところを我慢してくれたので、最後はよく反応してくれたと思います」

4着 メイショウコゴミ(武豊騎手)
「道中ずっと外に逃げていたのがロスでした。距離もギリギリで、ベストは1200mだと思います」

5着 サヴィ(藤岡佑介騎手)
「スタート良く、好位外で構えるこの馬の競馬ではありましたが、力のある馬が内にいる中、もう少し行くのか下げるのか判断をハッキリした方が良かったと思います。状態が良かっただけに残念です」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース