【マーチS】(中山)~サトノティターンが重賞初制覇

     

中山11Rの第26回マーチステークス(GIII、4歳以上、ハンデ、ダート1800m)は8番人気サトノティターン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒3(良)。1馬身1/4差2着に11番人気ロンドンタウン、さらにクビ差で3着に12番人気リーゼントロックが入った。

サトノティターンは美浦・堀宣行厩舎の6歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母マチカネチコウヨレ(母の父Deputy Minister)。通算成績は9戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノティターン(石橋脩騎手)
「元々力のある馬であることは分かっていました。ただ、精神面などいろいろ弱い面があって力を出し切れずにいました。ここに来てそのあたりが良くなって力を出すことが出来ました。潜在能力の高い馬で楽しみです」

2着 ロンドンタウン(吉田隼人騎手)
「一歩目は出ましたが、他を行かせて抑える形にしました。テンは力んでいましたが、そのあといい感じで走れました。休み明けでこれだけやれましたから、このあとがさらに楽しみです」

3着 リーゼントロック(松岡騎手)
「これ以上ないくらい思い通りにいきました。勝ちたかったのですが、悔しいです」

4着 ヒラボクラターシュ(戸崎騎手)
「乗りやすい馬です。スタートを出て好位につけられて、直線もスムースでした。ジリジリと・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース