【美浦S】(中山)~クレッシェンドラヴがゴール前捉える

     

中山10Rの美浦ステークス(4歳以上1600万下、芝2000m)は4番人気クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒2(良)。クビ差2着に2番人気シンギュラリティ、さらに1馬身1/2差で3着に6番人気サンティールが入った。

クレッシェンドラヴは美浦・林徹厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母ハイアーラヴ(母の父Sadler's Wells)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)
「強いレースでした。前回は掛かってしまったので、今回は自分の競馬をさせようと思っていて、いい形で運べました。上のクラスでも十分やれそうです」

2着 シンギュラリティ(戸崎騎手)
「いい形で進められました。差し競馬になりましたが、よく頑張っています」

3着 サンティール(三浦騎手)
「リズム良く行けて、4コーナーで狭くなるシーンもありましたが、間を割って伸びてくれました。2000mでもこれだけ走れているのは力をつけている証拠です」

9着 ジェシー(田辺騎手)
「今日はペースどうこうというよりも、出入りが激しくてずっとプレッシャーを受けているような感じになってしまいました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース