【四国新聞杯】(阪神)~ウインクルサルーテがゴール寸前差し切る

     

阪神9Rの四国新聞杯(4歳以上1000万下、牝馬限定、芝2000m)は6番人気ウインクルサルーテ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒5(良)。クビ差2着に1番人気ダンサール、さらにクビ差で3着に2番人気ウスベニノキミが入った。

ウインクルサルーテは栗東・高橋亮厩舎の6歳牝馬で、父ハービンジャー、母パッショナルダンス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は30戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインクルサルーテ(秋山騎手)
「元々力のある馬ですが、力を引き出すのが難しい馬なんです。上がりの掛かる阪神が合いますし、今日は力を引き出すことが出来ました」

2着 ダンサール(藤井騎手)
「スムースに運んで折り合いもつきましたが、最後は勢いのある馬にやられてしまいました。自分のリズムで走ることが出来る方がいいので、もう少し距離が延びた方が良さそうです」

3着 ウスベニノキミ(和田騎手)
「向正面で少し力んでいましたが、考えられる理想的なレースは出来ました。それでも負けたように、力はありますが何かと注文がつく馬なので難しいです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース