【フェアリーS】(中山)~フィリアプーラが連勝で重賞初制覇

     

中山11Rのフェアリーステークス(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は3番人気フィリアプーラ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。アタマ差の2着に4番人気ホウオウカトリーヌ、さらに半馬身差の3着に5番人気グレイスアンが入った。

フィリアプーラは美浦・菊沢隆徳厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー、母プリンセスカメリア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フィリアプーラ(丸山元気騎手)
「スタートは出ましたが、リズム良く運ぶことも心がけてあの位置になりました。前半は折り合ってくれて、終いは弾けました。若い牝馬で精神的に安定していないところはありますが、乗りやすくて終いは脚を使ってくれます。また騎乗のチャンスがあれば、この馬の良さを引き出したいと思います。今年は去年以上の勝ち星を挙げたいです。大きいところを勝てるように頑張ります」

2着 ホウオウカトリーヌ(大野拓弥騎手)
「マイルでも上手に競馬をしてくれました。メリハリのきいた競馬で、惜しかったけど先々につながりそうです」

2着 ホウオウカトリーヌ(栗田徹調教師)
「良いレースでした。勝ちたかったです。位置が後ろすぎるかと思いましたが、加速が良かったです。賞金を加算できましたし、今後は様子を見て決めます」

3着 グレイスア・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧