【もちの木賞】(京都)~ノーヴァレンダが好位から突き抜け連勝

     

京都9Rのもちの木賞(2歳500万下・ダート1800m)は2番人気ノーヴァレンダ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒2(良)。4馬身差の2着に1番人気ダンサーバローズ、さらにクビ差の3着に6番人気メイショウソテツが入った。

ノーヴァレンダは栗東・斉藤崇史厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母モンプティクール(母の父クロフネ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ノーヴァレンダ(北村友一騎手)
「スタートがすごく良かったので、競馬の組み立てがしやすかったです。レース前はスイッチが入るなど幼い所を残していますが、ダート適性もポテンシャルもあります。精神的に成長してくれればいいですが、力自体はある馬です」

(斉藤崇史調教師)
「競馬が上手になってきました。スムーズに走っていましたし、コーナリングも上手です。今後は放牧に出します。次走は未定です」

3着 メイショウソテツ(川田将雅騎手)
「しっかりと走っています。内目で競馬をしたこともいい経験になりました」

4着 ハヤヤッコ(浜中俊騎手)
「ペースが上がってから離されてしまいました。最後はジリジリと来てくれました。上位が強かったです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース