【大阪杯】栗東レポート~エアウィンザー

     

3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているエアウィンザー(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の辻野泰之調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の金鯱賞3着を振り返って)
「GIを勝った馬がたくさん出ている中に入っての3着だったわけですので、それほど悲観する内容ではなかったと思っています」

(前走後の調整について)
「まずレースの疲れがないかどうかを確認していました。元々叩き良化型というところもありますので、使った後の方が動きにも軽さが出てきてくれています。こちらが思った通り、一叩きして良くなっていると感じています。
 メンタルの面でもそうですし、体の面もだいぶ大人になってしっかりしてきました。競馬を使っても疲れが出ることなく、使いながら良化していくという過程を辿れるようになっているのではないでしょうか。
 金鯱賞の時も、これを使ってもう一段状態が上がってくるのではないかと思っていましたので、こちらのイメージ通りに来られているかと思います」

(馬の変化について)
「以前よりひ弱さがなくなってきた感じがあります。がっちりとしたキングカメハメハ産駒の特徴が出てきている感じはします」

(今回のレースに向けて)
「前々走で重賞を勝ってくれている舞台でもありますので、舞台設定がマイナスに・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース