【大阪杯】栗東レポート~アルアイン

     

3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているアルアイン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(坂路での最終追い切りを振り返って)
「動きは良かったです。一回使った上積みもあるシャープな動きでした。一回叩いて仕上がっているので、微調整程度で反応を確かめる程度の調整で良いという指示でした」

(前走の金鯱賞5着を振り返って)
「緩い馬場が苦手なので、久々もそんなに動ける方ではないですし、他の馬よりも1キロ(多く)背負っていました。その中での5着で、そんなに悲観する内容ではないなと思いました」

(今回のレースに向けて)
「中山とか阪神の2000mというのは一番条件が合っているので、楽しみにはしています。
 (前走は)別に京都記念に行っても良かったのですが、たまたま金鯱賞になっただけです。
 特にマイルを使ったから競馬に幅が出たとか、上手になったという印象もないですし、マイルから2000mは元々許容範囲でした。変わってきた点は体のボリュームが増えすぎて、メタボ体形になったので、格好悪いなと思いました。お腹がへこんでいる方が良いと思います。
 アルアインは一昨年の皐月賞以来、約2年勝ち鞍から遠ざかっています。それでもファンの皆さんが指示していただいて、応援して下さっ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース