【大阪杯】栗東レポート~マカヒキ

     

3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているマカヒキ(牡6、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の大江祐輔調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の京都記念3着を振り返って)
「外々を回ってしっかり追い込んでくれました。勝負どころの反応が3歳の頃と比べると少しゆっくりになっていますので、その分だけ届かなかったと思っています。最後は良いゴールを迎えられたというか、しっかりと追い込んで来て終わっているので、次も楽しみが持てるレースではないかと思っています。
 以前と比べると馬の変化が少しずつという形になっている状況で、強い調教をやったからと言ってパリッと変わってくるような感じではありません。そういう意味で在厩が長かったのは、少しずついろいろなことを積み重ねていく期間でしたので、良い機会になったのではないかと思います」

(前走後の調整について)
「ダメージがなかったので、割りと早めから時計を出しました。きつい調教自体はそんなに本数を重ねず、ジワッとやる本数を多く重ねて、ここまで来ました。最終追い切りもまだまだ余力があったので、少し気分良く、大きく動かしました。(上積みは)あると思います」

(今回のレースに向けて)
「スタートから少しのんびりしているレースが続いていますので、乗り方や仕掛けどころを少し工夫するのが難しいのかなと思っていま・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース