【大阪杯】栗東レポート~キセキ(辻野調教助手)

     

3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているキセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の辻野泰之調教助手のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「先週水曜日にCウッドチップコースでしっかりと追い切っていますし、先週末にもCウッドチップコースで長めの追い切りを消化していました。今日は感触を確かめる程度という内容の調教でした。
 先週しっかりやっている分、反応も良くなっていますし、GIレースに出走できる状態には仕上がってきたかなと思っています」

(前走の有馬記念5着を振り返って)
「その前まで秋は3走使ってきていました。疲れを感じさせず心身ともに充実したシーズンを迎えられていましたので、有馬記念もすごく良い状態で出走できていました。ゲートの中で落ち着きすぎてしまって、発走から出していく形になってしまいました。その辺りが最後に響いてしまったかなと思っています。
 あれだけのタイムで(ジャパンカップを)走った後だったので、さすがに疲れが出るかなと思っていましたが、回復もすごく早かったですし、有馬記念の前にはジャパンカップの時と同じぐらいの状態で出走できました。本当に充実したシーズンだったと思います」

(前走後の調整について)
「大阪杯の約1ヶ月前にこちらに帰っています。
 帰ってきてす・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース