【大阪杯】栗東レポート~キセキ(川田騎手)

     

3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているキセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)について、鞍上の川田将雅騎手のコメントは以下の通り。

(今日の馬の動きを確認してどうだったか?)
「馬場に入った時からすごく落ち着きがあって、精神的にも良い雰囲気なのだろうなと思いました。その後の調教内容、動きにしても、とても良い状態でここに来てくれているのではないかと感じられました」

(前走の有馬記念5着を振り返って)
「秋は素晴らしい競馬を続ける中で有馬記念まで行きました。具合に関してはとても良かったと思います。ただ、ゲートの中で少し落ち着きすぎてしまうところがあって、その分ゲートの出があまり良くありませんでした。そこから少し促して、あの競馬をした分、どうしても道中はいつも以上に力んでしまいました。それが影響しての5着だと思います。それでもあれだけ踏ん張れたというのは、あの馬の能力の高さだと思います。
 本当に頑張りました。あれだけの競馬を毎回続けてくれましたから。
 毎日王冠に関しては厩舎からのリクエストで前々で競馬を組み立ててほしいということだったので、そういう競馬をしました。天皇賞に関しては、レースの流れの中で先頭まで行ってしまった方が良い形になったので、そういう競馬を選択しました。それで得たものでジャパンカップ、有馬記念とあのような競馬を組み立てました。本当に・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース