【大阪杯】栗東レポート~ワグネリアン(大江調教助手)

     

3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているワグネリアン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の大江祐輔調教助手のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「角馬場で様子を見て、坂路で追い切りをしました。久々ということもあったので、ここまで慎重に進めてきました。終い重点の調教で終わりました。馬の雰囲気も良く、徐々に馬が変わってきたのですが、終いはサッと流す程度で良いぐらいの感じでここまで順調に調整も上手く来ています。
 先週はしっかりやってもらって、まだゆとりのあった体つきもしっかりと締まってきて、態勢が整ったなという感じはしています」

(前走の神戸新聞杯1着を振り返って)
「ジョッキーも上手に乗ってくれましたし、毎回しっかり走ってくれる馬なので、良い競馬だったのではないでしょうか」

(前走後の調整について)
「一生懸命走りすぎてしまったのかなという気はするのですが、あの馬らしいバランスが少しなかったので、次に大きいところに向かうには無理しない方が良いだろうという判断でお休みに入りました。
 (帰厩が)1ヶ月半と少し(前)だと思いますが、初めは体つきが大きくなって、まだずいぶんゆとりもありました。あまり動かしすぎると負担がかかってしまうので、まず体をしっかり仕上げるところから始めました。3歳の頃と・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース