【五条坂特別】(京都)~ジョーダンキングが人気に応える

     

京都9Rの五条坂特別(4歳以上1000万下、ダート1900m)は1番人気ジョーダンキング(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。クビ差2着に2番人気コマビショウ、さらに1馬身差で3着に6番人気カフジキングが入った。

ジョーダンキングは栗東・藤原英昭厩舎の6歳牡馬で、父キングカメハメハ、母フューチャサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ジョーダンキング(岩田騎手)
「4コーナーまですごくいい手応えで来ましたが、直線抜け出すと馬が遊ぶところがありました。上のクラスでも大丈夫だと思います」

3着 カフジキング(富田暁騎手)
「前走、外、外を回って厳しい展開になりましたから、今日はどこかで内に入れようと思っていました。いい形で運べましたし、直線に入って交わせそうな手応えでしたが、同じ脚色になってしまいました。気難しさが出たところもありますが、悔しい結果になってしまいました」

4着 オクラホマ(北村友一騎手)
「前回、自分が乗った時よりも少し右にモタれる面がきつくなっていると感じました。終いはジリジリですがしっかり脚を使ってくれて、堅実さは増してきた気がします」

7着 サマーサプライズ(松若騎手)
「内枠から自分の競馬は出来ました。昇級戦でしたし、クラス・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース