【日経新春杯】グローリーヴェイズが抜け出し重賞初制覇

     

◆第66回日経新春杯・G2(13日、京都・芝2400メートル、良)
 伝統の長距離ハンデ重賞は16頭立てで争われ、ミルコ・デムーロ騎手騎乗で、1番人気を集めたグローリーヴェイズ(牡4歳、美浦・尾関知人厩舎、父ディープインパクト)が直線で抜け出して、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は2分26秒2。
 2着に続いたのは、5番人気のルックトゥワイス(岩田康誠騎手)。3番人気のシュペルミエール(北村宏司騎手)は3着に敗れた。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000109-sph-horse
F06CD09B-4BDD-4C30-8F4A-FBB7F9EB8197

続きを読む

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ