【ドバイ国際競走】日本馬の近況(28日)~ドバイターフ、ドバイゴールデンシャヒーン

     

 30日(土)アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイターフ(G1・芝1800m)とゴールデンシャヒーン(G1・ダート1200m)に出走予定の日本馬の28日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【ドバイターフ】(G1 芝1800m)

●アーモンドアイ
<調教状況>
厩舎エリアで曳き運動
<国枝栄調教師のコメント>
「望んでいた状態で来られています。理想的です。無事に追い切りが終わり、やり過ぎずちょうど良いと思います。ゲート番(7番)はラッキーセブンですね。ジャパンカップのときは馬番(1番)が気になっていたので、真ん中か外目が良いと思っていました。真ん中で良かったです」

●ヴィブロス
<調教状況>
厩舎エリアで曳き運動
<友道康夫調教師のコメント>
「(シュヴァルグランとの)2頭とも落ち着きがあって問題ありません。ゲート番(4番)は、内枠希望だったので最高です」

●ディアドラ
<調教状況>
厩舎エリアで曳き運動
<込山雄太調教助手のコメント>
「状態は良いと思います。2回目のドバイなのでリラックスしています。去年より芝が長いような気がしますが、この馬にとっては問題ないです。ゲート番(3番)については、それほどこだわらな・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース