【ドバイ国際競走】日本馬の近況(28日)~ワールドカップ、シーマクラシック

     

 30日(土)アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ(G1・ダート2000m)とドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)に出走予定の日本馬の28日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【ドバイワールドカップ】(G1 ダート2000m)

●ケイティブレイブ
<調教状況>
スクーリング(装鞍所→パドック)
<杉山晴紀調教師のコメント>
「装鞍所とパドックのスクーリングを行いました。雨が降ってきたので、メニューを変更しました。昨日追い切りも終えて、順調に来ています。ゲート番(11番)については極端なところでなければ良いと思っていました。去年も外枠の馬が勝っていますので問題ないと思います」


【ドバイシーマクラシック】(G1 芝2410m)

●シュヴァルグラン
<調教状況>
スクーリング(装鞍所→パドック)
<友道康夫調教師のコメント>
「(ヴィブロスとの)2頭とも落ち着きがあって問題ありません。ゲート番(1番)は、内枠希望だったので最高の枠です」

●スワーヴリチャード
<調教状況>
久保淳二調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンター1周半。その後ゲート練習
<庄野靖志調教師のコメント>・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース