【ドバイ国際競走】日本馬の近況(29日)~ワールドカップ、シーマクラシック

     

 30日(土)アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ(G1・ダート2000m)とドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)に出走予定の日本馬の29日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【ドバイワールドカップ】(G1 ダート2000m)

●ケイティブレイブ
<調教状況>
房野陽介調教助手が騎乗し、ダートコースをキャンターで2周
<杉山晴紀調教師のコメント>
「日を追うごとにメイダン競馬場の馬場にマッチした動きをしているように感じます。思っていた以上に、ここまで順調に来ることができました」


【ドバイシーマクラシック】(G1 芝2410m)

●シュヴァルグラン
<調教状況>
松館昇平調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンター1周
H.ボウマン騎手が騎乗して、芝コースをキャンター1周
<友道康夫調教師のコメント>
「今日はボウマン騎手に乗ってもらいました。前にもレースで乗ってもらっているので、以前と変わっていないか状態を確認してもらいました。順調に来ています」

<H.ボウマン騎手のコメント>
「馬もフレッシュな状態だと思います。日本の芝よりもクッションが効いているので、この馬に合っていると思います。・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース