【千葉日報杯】(中山10R)~人気のカッパツハッチが逃げ切り勝ち

     

中山10Rの千葉日報杯(4歳以上1000万下・芝1200m)は1番人気カッパツハッチ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気ショウナンマッシブ、さらにハナ差の3着に2番人気ビリーバーが入った。

カッパツハッチは美浦・矢野英一厩舎の4歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母メイショウユウゼン(母の父タイキシャトル)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 カッパツハッチ(矢野英一調教師)
「上手く逃げられ、最後自力を発揮できました。人気通り勝てて良かったです。次は新潟の直線1000mを目指します。勝てたら"韋駄天S"、"アイビスサマーダッシュ"に行きたいですね」

2着 ショウナンマッシブ(三浦皇成騎手)
「オンオフがはっきりして、カッとなりやすい馬です。今日はうまく立ち回るレースができました。今回は少頭数でしたが、これが多頭数になった時、そのあたり(カッとなりやすい所)がどう出るかですね」

3着 ビリーバー(大野拓弥騎手)
「馬のテンションは維持されていましたが、最後まで前が開きませんでした」

5着 ミトノアミーゴ(福永祐一騎手)
「スタートを出てくれて流れに乗れました。着差だけに、もう少し上の着順が欲しかったですが、よく頑張ってくれています」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース