【山吹賞】(中山9R)~カウディーリョがゴール前で差し切る

     

中山9Rの山吹賞(3歳500万下・芝2200m)は3番人気カウディーリョ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒4(良)。クビ差の2着に2番人気マコトジュズマル、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気バラックパリンカが入った。

カウディーリョは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ディアデラノビア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 カウディーリョ(石橋脩騎手)
「パドックで気持ちの高ぶっているところがあったので、返し馬では落ちつけるようにもっていきました。競馬では位置うんぬんではなく、馬とコンタクトを取りながらコントロールするような感じで進めました。能力があるので4コーナーの動きもよく、しっかりと差し切ってくれました」

2着 マコトジュズマル(川田将雅騎手)
「レースの流れと馬の特性を考えた競馬でした。自身の力は出していますが、勝ち馬は着差以上に強かったです」

3着 バラックパリンカ(和田竜二騎手)
「馬が行く気になると内へ張るところがありますし、4コーナーで一気に来られた時に動けませんでした。それでも最後に脚を使っています。左回りなら違うと思います」

4着 スマイル(F.ミナリク騎手)
「道中の折り合いもつきましたし、全体的に良いレースができました。・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース