【アザレア賞】(阪神9R)~ヒーリングマインドがゴール前の競り合いを制す

     

阪神9Rのアザレア賞(3歳500万下・芝2400m)は6番人気ヒーリングマインド(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒2(稍重)。アタマ差の2着に2番人気プランドラー、さらに1馬身半差の3着に3番人気アドマイヤユラナスが入った。

ヒーリングマインドは栗東・松田国英厩舎の3歳牡馬で、父Tanino Gimlet、母Ancient Art(母の父Monsun)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヒーリングマインド(池添謙一騎手)
「道中は良い形で追走できました。勝負どころで詰まって内に入りましたが、狭いところをよく伸びてくれました。(前に乗った新馬戦の時より)力をつけています」

2着 プランドラー(M.デムーロ騎手)
「惜しかったですね。体(+14kg)は成長分。距離は問題なし。(この馬には)馬場がゆるかったかな」

3着 アドマイヤユラナス(岩田康誠騎手)
「道中は(脚を)ためて運べました。直線は止まっていません。ただ追い出して頭を上げるようなところがありました。もう少し沈んで(走って)くれればいいのですが」

5着 アールコンセンサス(吉田隼人騎手)
「(道中は)いいところで運べたのですが、体が小柄な分、この馬場が堪えたかもしれません。本来はもっと素軽い動きをする馬です」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース