【シーマC】(メイダン)~シュヴァルグラン2着、スワーヴリチャード3着

     

30日(土)にドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)は、オールドペルシアン(UAE)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒17。日本から参戦したシュヴァルグラン(牡7、栗東・友道康夫厩舎)は2着、スワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野靖志厩舎)は3着、レイデオロ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は6着だった。

~レース後のコメント~
2着 シュヴァルグラン(友道康夫調教師)
「もう一列前のポジションが理想でしたが、スタートで寄られてしまいました。初めての海外遠征でしたが、良く頑張ってくれたと思います」

(H.ボウマン騎手)
「常に良い走りをしてくれる馬ですね。スタートで少し出遅れてしまいましたが、レース序盤の速いペースから中盤スローになったので、位置取りは悪くありませんでした。最後は勝ち馬が強かったですが、本当に良く頑張ってくれました。褒めてあげたいと思います。私自身メイダンで初めて騎乗しましたが、勝ちたかったです」

3着 スワーヴリチャード(庄野靖志調教師)
「今日はずっと落ち着いていました。状態は非常に良かったです。装鞍所からパドックまでの歩様も良かったです。スタートは上手く出て、道中もリラックスして走れていました。直線でも良い手応えだったのですが......。でも、3着まで良く来てくれたので褒めてあげたいと思います」

<・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース