【ドバイターフ】(メイダン)~アーモンドアイ完勝、ヴィブロス2着

     

30日(土)にドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイターフ(G1・芝1800m)は、日本から参戦したアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒78。勝利騎手はC.ルメール。ヴィブロス(牝6、栗東・友道康夫厩舎)は2着、ディアドラ(牝5、栗東・橋田満厩舎)は4着だった。

~レース後のコメント~
1着 アーモンドアイ(国枝栄調教師)
「道中は楽な手応えでした。コーナーで外に出したところで包まれる心配がなくなり、安心して見ていられました。もう少しスッと行くかと思いましたが、ヴィブロスはすごい馬だなと思いました。どれくらいのパフォーマンスを見せられるかと思っていましたが、90点と言えるパフォーマンスだったと思います」

(C.ルメール騎手)
「スタート後はいつも通りのテンションで、落ち着いて走っていました。3~4コーナーで自分から動いていきました。手応えはとても良く、直線に入ってからも普段通りの脚で伸びてくれました。ラスト400mで勝てると思いました」

2着 ヴィブロス(友道康夫調教師)
「ジョッキーが作戦通りに乗ってくれました。位置取りも追い出すタイミングも完璧でした。ドバイも3回目ですが、本当にドバイが合っているようですし、ドバイに感謝しています。これで引退となりますが、今度はヴィブロスの子供でドバイに来たいと思います」

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース