【鳴門S】(阪神)~ヌーディーカラーが内から抜け出す

     

阪神12Rの鳴門ステークス(4歳以上1600万下・ダート1400m)は5番人気ヌーディーカラー(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(稍重)。クビ差の2着に1番人気シヴァージ、さらにアタマ差の3着に6番人気フュージョンロックが入った。

ヌーディーカラーは栗東・宮本博厩舎の4歳牡馬で、父クロフネ、母アドマイヤエバート(母の父ディープインパクト)。通算成績は11戦4勝。
~レース後のコメント~

1着 ヌーディーカラー(福永祐一騎手)
「スタートをうまく出てくれました。内枠で前に壁を置いた方が脚がたまります。このクラスに上がってしばらくもまれてからと思っていましたが、あっさりクリアしてくれました。良い馬です」

3着 フュージョンロック(藤井勘一郎騎手)
「馬は前走(武豊騎手で)勝っていましたし、先行力があります。ですから、すんなり前々で運んで、ラストまでよく頑張ってくれました」

4着 ネオスターダム(松山弘平騎手)
「スタートよく、良い形で運べました。脚をためてしっかり伸びています。良い走りです。惜しかっただけに、悔しいです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース