【3歳500万下】(中山7R)~伏兵ブリングイットオンが勝利

     

中山7Rの3歳500万下(芝1200m)は10番人気ブリングイットオン(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。アタマ差の2着に9番人気ヴォイスオブジョイ、さらにハナ差の3着に1番人気フィルムフェストが入った。

ブリングイットオンは栗東・宮徹厩舎の3歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母ゴーファイトウィン(母の父エンドスウィープ)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ブリングイットオン(柴田大知騎手)
「前半タメた方が良いと思いじっとしていました。いい脚を使ってくれました。最後は外から他馬に来られて、また火がついた感じでした」

2着 ヴォイスオブジョイ(O・マーフィー騎手)
「はまったと思ったのですが...。ゴールを過ぎてから前をかわしていたので、距離を延ばしてもいいかもしれません」

3着 フィルムフェスト(C・ルメール騎手)
「道中は乗りやすく、いい競馬ができました。スピードがありますし、1200mはピッタリです」

4着 カステヘルミ(津村明秀騎手)
「いい競馬ができました。折り合いもつき、一瞬は先頭に立って次につながる競馬でした」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース