【紅梅S】(京都)~メイショウケイメイが追い比べを制す

     

京都10Rの紅梅ステークス(3歳オープン・牝馬・芝1400m)は5番人気メイショウケイメイ(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒8(良)。アタマ差の2着に1番人気プールヴィル、さらに半馬身差の3着に4番人気ノーブルスコアが入った。

メイショウケイメイは栗東・南井克巳厩舎の3歳牝馬で、父ワークフォース、母メイショウアキシノ(母の父デュランダル)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウケイメイ(古川吉洋騎手)
「期待通りのレースをしてくれました。外枠だったので様子を見ながらレースをしました。控える形を練習してきて、学習能力が高い馬です。距離はマイルがギリギリという気もしますが、もってほしいです」

1着 メイショウケイメイ(南井克巳調教師)
「完璧な競馬でした。デビュー戦は逃げていましたが、追い込みが板についてきました。次のレースは未定ですが、目標は桜花賞です」

2着 プールヴィル(秋山真一郎騎手)
「最後もう一度頭が沈むと思ったのですが...。少し緩い馬場でトモがすべるのか、頭の位置が低くならないのです。手応えからシュンとくるかと思ったのですが...」

5着 ラフェリシテ(武豊騎手)
「レース前のテンションが高く、スタートが良くありませんでした。しかし、前走とは違う形のレースでもきちん・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧