【初凪賞】(中山)~伏兵ベディヴィアが差し切る

     

中山9Rの初凪賞(4歳以上1000万下・ダート1800m)は6番人気ベディヴィア(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒6(良)。クビ差の2着に1番人気プレシャスリーフ、さらに2馬身差の3着に4番人気ダイワドノヴァンが入った。

ベディヴィアは栗東・野中賢二厩舎の5歳牡馬で、父ハービンジャー、母ペディクラリス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ベディヴィア(戸崎圭太騎手)
「スローペースの中、後方からの競馬で手応え良く運ぶことができました。このような形の競馬が良かったのかもしれません」

2着 プレシャスリーフ(C・ルメール騎手)
「プラス12キロと少し太かったのですが、道中の手応えも良かったです。精一杯走ってくれて、良い競馬ができました」

5着 ビービーガウディ(田辺裕信騎手)
「ジリジリですが最後はよく差を詰めています。ただ、前半これほどついていけないとは思いませんでした。あとワンパンチ何かきっかけがあると良いですね」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧