【京成杯】(中山)~ラストドラフトが早め先頭から押し切り無傷で重賞制覇

     

中山11Rの京成杯(3歳GIII・芝2000m)は4番人気ラストドラフト(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ランフォザローゼス、さらにクビ差の3着に7番人気ヒンドゥタイムズが入った。

ラストドラフトは美浦・戸田博文厩舎の3歳牡馬で、父ノヴェリスト、母マルセリーナ(母の父ディープインパクト)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラストドラフト(C・ルメール騎手)
「強かったです。スタート前から元気一杯でした。良いスタートを切って、良いポジションでした。物見はしていましたが、リラックスして走っていました。段々と加速していきました。血統が良い馬ですし、2連勝で重賞を勝ってくれて、上のクラスにも行けると思います」

1着 ラストドラフト(戸田博文調教師)
「スタートが良くて、スピードが全体的に速いので、理想より前へ行きました。内容は強かったと思います。速いペースになれば中団でもレースは出来ないこともないと思います。自在性を見せてくれたのは収穫だと思います。トリッキーな中山コースをキャリア2戦目で走ったのは大したものです。帰って来てケロッとしていましたので、まだ余裕があるのだと思います。オーナーサイドとの相談になりますが、今後は王道でいくしかないと思っています」

2着 ランフォザローゼス(O・マーフ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース