【錦秋S】(東京)~アルクトスが人気に応える

     

東京10Rの錦秋ステークス(3歳以上1600万下、ダート1600m)は1番人気アルクトス(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒1(良)。1/2馬身差2着に2番人気レッドオルバース、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気クレマンダルザスが入った。

アルクトスは美浦・栗田徹厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤオーラ、母ホシニイノリヲ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アルクトス(田辺騎手)
「メンバーを見て、行ってもいいのではと思っていました。久しぶりにハナを切って行きましたが、道中絡まれることもなく、マイペースで行けて最後までしぶとかったです。休み明けでしたから、良くなる余地はあると思います」

2着 レッドオルバース(北村宏司騎手)
「相手を1頭に絞って行きました。道中、少し動いて近づいて行ったのですが...」

3着 クレマンダルザス(岩田騎手)
「後ろからの競馬になり、道中はじっくり乗って行きました。ラストはいい脚を使いましたが...」

5着 メガオパールカフェ(柴田大騎手)
「あきらめなければ頑張る馬です。今日は最後まで頑張っていました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース