【赤松賞】(東京)~ジョディーがハナ差凌いで逃げ切る

     

東京9Rの赤松賞(2歳500万下、牝馬限定、芝1600m)は5番人気ジョディー(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。ハナ差2着に9番人気マドラスチェック、さらに3馬身1/2差で3着に1番人気レディマクベスが入った。

ジョディーは美浦・戸田博文厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ミスティーク2(母の父Monsun)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジョディー(武藤雅騎手)
「この馬のレースが出来ました。最後まで踏ん張ってくれました。こういうレースの方がいいです」

2着 マドラスチェック(大野騎手)
「外から主張されたので番手になりました。最後の脚も良かったです」

4着 ブルーグローブ(柴田大騎手)
「ワンテンポ置いて、目標の馬と離れるとリラックスするのですが、出して行くとハミを噛んでしまいます。最後に脚は使っていますが、スローペースすぎました。すごくいい馬です」

5着 ウィクトーリア(田辺騎手)
「ゲートの中で駐立が良くなくて、スタートが決まる感じではないです。流れも落ち着いてしまいました。まずはゲートで落ち着いてもらわないと、やりたいレースが出来ないです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース