【ジャパンカップ】栗東レポート~サトノダイヤモンド

     

11月25日(日)に東京競馬場で行われる第38回ジャパンカップ(GI)に登録しているサトノダイヤモンド(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京都大賞典1着を振り返って)
「状態がだいぶ良い頃に戻りつつありましたし、川田騎手が調教に付きっきりでいろいろな課題を指摘してくれて、スタッフとともにその辺を一つ一つ修正していきました。ダイヤモンドの持ち味を活かしてくれるようなレースをジョッキーがしてくれました。久々に勝ててホッとしました。
 春は決して悪くはなかったのですが、全体的に活気がないというか、途中でレースをやめてしまう部分もありました。見た目にはそんなに変わっていません」

(前走後の調整について)
「一旦、ノーザンファームしがらきでリフレッシュさせてもらいました。久々を使って、いろいろな所に筋肉痛などが出たのですが、しっかりとケアして立て直してもらいまして、良い状態で戻ってきました」

(調教過程を振り返って)
「(1週前の)動き自体は良かったです。若いピークの頃に比べると素晴らしい動きというのは見られなかったのですが、歳を重ねて少しズブさも出てきたかなと思いました。
 (モレイラ騎手との相性は)良いと思います。しっかりコンタクトを取って乗ってくれる騎手なので大丈夫だと思います。状態は良いと・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧