【ジャパンカップ】栗東レポート~シュヴァルグラン(友道調教師)

     

11月25日(日)に東京競馬場で行われる第38回ジャパンカップ(GI)に登録しているシュヴァルグラン(牡6、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京都大賞典4着を振り返って)
「向正面から少し力みながら走っているのかなと思って見ていました。ジョッキーに聞いても、少しムキになって、力みながら走っていたというので、それで最後伸びを欠いたのかなと思います。
 今年は宝塚記念を使っていない分、5ヶ月ぶりぐらいの出走になったので、馬も久々で力みがあったのかなと思います」

(前走後の調整について)
「1回使った意味では息抜きができました。その後はここまで結構順調にペースを上げることができました」

(調教過程を振り返って)
「1週前はこの馬の感触などを確かめるために初めて(C・デムーロ騎手に)乗ってもらったのと、1週前だったので馬にしっかり負荷をかけるように乗ってもらいました。
 元々そんなに動かない馬というイメージもちゃんと分かってもらえたと思いますし、今日は馬の動きを主体として、全体の時計はそんなに速くなかったのですが、終いの2ハロンぐらい、しっかり伸ばしてもらうように乗ってもらいました。
 (C・デムーロ騎手は)そんなに目立った動きはしないのですが、走るフォームやバランスがすごく良かったし、・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース