【若葉S】(阪神)~アダムバローズがハナ差粘りきる

     

阪神11Rの若葉ステークス(3歳オープン・芝2000m)は4番人気アダムバローズ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒3(良)。ハナ差の2着に4番人気エクレアスパークル、さらに2馬身差の3着に1番人気インヴィクタが入った。

アダムバローズは栗東・角田晃一厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母チャチャリーノ(母の父Unbridled's Song)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アダムバローズ(池添謙一騎手)
「よく踏ん張ってくれました。タガノアシュラがステッキを入れて主張していたので、絡んで行くときつくなるので、控えて行きました。少しハミを噛んでいましたが、何とかタガノアシュラの後ろで我慢してくれました。勝負どころで早めに並びかけに行って、粘り込めたらと思っていました。最後はしのいでくれました。前走から乗せてもらっていますが、しぶとい馬です。本番でも自分の競馬が出来れば、頑張ってくれると思います」

(角田調教師)
「ジョッキーと相談して、行けるならハナを奪おうと思っていました。ペースが遅ければ行っていましたが、緩いペースでなくても勝ってくれました。切れませんが、もっと先行力を磨いていったらいいと思います。これでダービーまで安心して行けるので良かっ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【日本ダービー】スワーヴリチャードの記者人気が過剰すぎる件 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
【競馬】TBSが“カナデ”福永のダービー密着取材wwwwwwww New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
東京優駿 傾向・予定 New!  スコーンと突き抜けろ!