【なにわS】(阪神)~ジープルメリアが2番手から押し切る

     

阪神10Rのなにわステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は4番人気ジープルメリア(A・シュタルケ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。半馬身差の2着に2番人気メイショウワダイコ、さらに1馬身差の3着に3番人気キャプテンシップが入った。

ジープルメリアは栗東・南井克巳厩舎の4歳牝馬で、父Street Sense、母Song of Africa(母の父Alzao)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジープルメリア(A・シュタルケ騎手)
「もともとゲートの出は速いと聞いていましたが、いいスタートを切っていいポジションにつけられました。直線に入っても反応が良く、最後までしっかりと走ってくれました。勝てて良かったです」

4着 クリノリーソクツモ(小牧太騎手)
「時計が速いです。道中脚を溜めていけばいいですね」

5着 ウィッシュハピネス(幸英明騎手)
「スタートで出て、ハナに行けましたが、ペースがきつかったです。道中あまりペースを緩めることが出来ませんでした。もっと楽に行ければいいのですが...」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース