【千葉S】(中山)~伏兵ナンチンノンが2番手から抜け出す

     

中山10Rの千葉ステークス(4歳以上オープン、ハンデ、ダート1200m)は10番人気ナンチンノン(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(良)。2馬身差2着に3番人気アトランタ、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気アールプロセスが入った。

ナンチンノンは栗東・中竹和也厩舎の6歳牡馬で、父Parading、母Etro(母の父Silver Deputy)。通算成績は26戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ナンチンノン(丸田騎手)
「ペースも流れてくれましたし、中山の適性もあります。強かったと思います」

2着 アトランタ(武士沢騎手)
「52キロでしたし、行くしかない馬ですが、オープン馬相手によく走っています。勝ち馬にうまくやられてしまいました。イレ込まずに行ければ楽しみです。自分との戦いですね」

3着 アールプロセス(石川騎手)
「展開は向きました。スタートを出て、道中はいいリズムで運べました。直線は交わせるかと思いましたが、前が強かったです。時計も速かったです」

5着 ポメグラネイト(勝浦騎手)
「馬群で躊躇するところがありました。最後は伸びています。走る馬です」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース