【フラワーC】(中山)~断然人気のファンディーナが5馬身差をつけ無傷の3連勝

     

中山11Rのフラワーカップ(3歳GIII・牝馬・芝1800m)は1番人気ファンディーナ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒7(良)。5馬身差の2着に8番人気シーズララバイ、さらにクビ差の3着に7番人気ドロウアカードが入った。

ファンディーナは栗東・高野友和厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ドリームオブジェニー(母の父Pivotal)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ファンディーナ(岩田康誠騎手)
「思った以上に走ってくれましたし、期待通りに成長してくれています。完歩の大きい馬で、無理に抑えることなく、スッと反応してくれました。距離は伸びても、短くなっても対応可能です。レースに行けば、言うことを聞いてくれる馬です。チャンスのある馬に乗せていただきましたし、この後も頑張ります」

(高野友和調教師)
「輸送、スタンド前発走、コーナー4つ、直線の坂など、全てが初めてでしたが、克服というよりもすべてを体験できて良かったです。輸送は思った以上にスムーズでした。今後については、色々案はありますが、馬の状態次第です。すべてをチェックして、馬の状態をオーナーに伝えてから決定します」

2着 シーズララバイ(柴田善臣騎手)
「以前よりも雰囲気が凄く良くなっています。まだ体が伴っていないので、体が成長してくるといいと思います」<・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース