【彦根S】栗東レポート~オーヴィレール

     

☆4月22日(土曜日)京都競馬場で行われる彦根ステークス(芝内1200m サラ4歳上,1600万下)に出走を予定しているオーヴィレールについての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎オーヴィレールについて今野貞一調教師

・前走は向正面で位置取りが難しく下がってしまいましたが、それでも勝馬から0.2秒差まで詰めてくれました。年を越して成長して馬体がしっかりして古馬らしくなってきました。

・秋からずっと使い詰めで来ましたからすこしピリピリするようなところがあり一息入れての前走で余裕がある中でのレースでもありましたから今回は使われての上積みがあります。

・その後中間は坂路を中心に順調に乗り込んでいます。今週は川田騎手がテン乗りなのでこの馬を手の内に入れてもらうことに主眼を置きました。時計のかかる重い馬場の中しっかりと坂路を駆け上がって状態が上向きであることを示してくれました。

・最近いい馬場でレースをしていません。もともとはいい馬場が合っている馬で多少乗り難しい面はありますがスムーズならいい結果は出ると思っています。

・若いころより短い距離で結果を出せるようになっています。今後につながるようにスムーズなレースをしてもらいたいですね。

(取材:檜川彰人.)・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース