【東京スプリント】(大井)~キタサンサジンが逃げ切って重賞初制覇

     

 大井競馬場(天候:晴 馬場:やや重)で行われたダートグレード競走の第28回東京スプリント(第11競走・JpnIII・4歳以上・ダート1200m・1着賞金2700万円)は10頭が出走した。

 スタートでは浦和のレアヴェントゥーレが体勢を崩して出遅れた。5番人気のJRAのダノングッドが好ダッシュからハナに立ちかけたが、外から1番人気となったJRAのキタサンサジンが先手を奪い、ダノングッドは控えて2番手となった。4番人気のJRAのレーザーバレットは中団の6番手となり、その後に2番人気となったドリームバレンチノと3番人気のJRAのブライトラインが続いた。3コーナーを回って先頭のキタサンサジンにダノングッドや大井のゴーディーが差をつめようとするが4コーナーから直線に向いても並びかける馬はいなかった。外に持ち出したブライトラインだけは、残り200メートルのところからよく伸びて差をつめたが、アタマ差までつめたところがゴールとなり、キタサンサジンが逃げ切って優勝。勝ちタイムは1分12秒7。勝利騎手はJRAの内田博幸。馬群の間から伸びたレーザーバレットがゴール前でダノングッドを交わして3着となり、ドリームバレンチノは5着に終わった。
 
 キタサンサジンは、栗東・梅田智之厩舎の牡5歳馬。父サウスヴィグラス、母キタサンヒメ(母の父カコイーシーズ)という血統で、今回が初めての地方競馬での出走だったが、人気にこたえて重賞初制覇をはたした。通算・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース