【マーメイドS】(阪神)~マキシマムドパリが重賞2勝目

     

阪神11Rの第22回マーメイドステークス(GIII、3歳以上牝馬、ハンデ、芝2000m)は3番人気マキシマムドパリ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒5(良)。3/4馬身差2着に2番人気クインズミラーグロ、さらにハナ差で3着に6番人気アースライズが入った。

マキシマムドパリは栗東・松元茂樹厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母マドモアゼルドパリ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は21戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 マキシマムドパリ(藤岡佑騎手)
「馬の力は上だと思っていましたので、強気に乗りました。思ったとおり乗りやすい感じで、前回騎乗した1年前に比べて馬が良くなっていました。これからもっと活躍してほしい馬です。自分自身、久しぶりの重賞勝利ですが、チャンスを生かすことが出来て良かったです」

2着 クインズミラーグロ(幸騎手)
「ゲートの出はそれほどではありませんでしたが、それなりの位置からレースをしました。もうひと押しでした。勝ち馬はうまく自分のペースを作っていました。その差です」

3着 アースライズ(中谷騎手)
「内枠だったので小細工なしのレース。折り合いをつけて前が空くのを待ちました。直線、きれいに空きましたが、もう一列前の位置を取りにいけば良かったかもしれません。以前乗った時より馬はすばらしくなっています。次は自・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース