【ユニコーンS】美浦レポート~ハルクンノテソーロ

     

18日(日)東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のハルクンノテソーロ(牡3、美浦・高木登厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。
※本賞金900万円のため抽選対象

〇ハルクンノテソーロについて高木登調教師

「(前走について)
 初めての1600mで距離的にどうかなと思っていましたが、距離もしっかりとこなしてくれて、よかったと思っています。ここのところは脚質転換させて、馬もしっかりと覚えてきていますね。前に行くと少し終いが甘くなるところがあったのですが、たまたまレースで出遅れたときに、こういう形もありかなと思って脚質転換を図ったところ、うまく覚えてくれました。

(中間の調整過程)
 厩舎でそのまま調整しています。一度疲れを取り、それほどダメージもなかったので、このレースを目標に順調に来ています。

(坂路での最終追い切りについて)
 道中ハミを噛むところが見られましたが、そのへんを考慮しながら、テンションをあまり上げないような調整をしています。レースを使ってきているので調整は難しくなく、非常にいい状態でレースを迎えられそうです。前走と同じくらいの状態で、十分にいい感じです。

(馬体面や精神面での変化)
 普段はそうでもありませんが、レースでは馬ごみが苦手かなというところが最初は・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース