【ユニコーンS】美浦レポート~アンティノウス

     

18日(日)東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のアンティノウス(牡3、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。
※本賞金900万円のため抽選対象

〇アンティノウスについて国枝栄調教師

「(前走について)
 だんだんと体が出来てきましたし、1600mのレースもしやすかったと思うので、能力通りに走ってくれました。心身とも充実してきたように思います。

(中間の調整について)
 一度放牧に出て、このレースを目標にしてきました。いい感じですよ。

(最終追い切りについて)
 前に馬を置いて、3頭併せの真ん中に入る形で終い重点でやりました。スムーズに動けていたと思います。いい状態をキープしているという感じで、気になるところもなく、いいのではないでしょうか。

(馬体面、精神面で変わってきたところ)
 馬体は筋肉がついていたようですし、気持ちの面でも落ち着いていますね。

(今回の条件について)
 東京の1600mはレースがしやすいですし、紛れもありませんから、いいのではないでしょうか。やはり前回のように、スムーズな競馬で、終いまで頑張ってくれればと思います。このレースがダートでは春の最後の目標となるので、頑張りたいです」

(取材:小・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧